2010年07月22日

KAT−TUN赤西が脱退を表明しました!

以外なニュースですよね。

SMAPも人気絶頂期の時に森且行さんがオートレーサーを目指す為に
脱退した過去がありましたが、それでもSMAPはトップアイドルの道を
守り続けてきています。

FXなら必勝♪

赤西さんはアメリカ進出を決意し所属していたグループKAT-TUNを
脱退することが決まっています。
以前から短期語学留学をしたり、グループのツアーに参加しなかったりと、
そろそろ脱退か?と予感させる行動をとっていましたが、
ここにきて大先輩から心強いエールをもらえて、
しっかり米国進出へ向けて心置きなく準備ができる心境になったと思います。

基本的にマッチも自分の好きな事を続けて、なおかつ芸能活動もこなしてきた人なので、
ルールさえ守れば事務所も認めてくれると太鼓判を押してくれています。

FX・為替ニュースは海外も視野にむけています。


自分の好きな道に進むのだから負け犬になってひっそり帰国・・・
なんて事だけはならないでもらいたいですね。


マッチ、脱退の赤西にエール「やってこい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000031-sanspo-ent


デビュー30周年記念ツアーを開催中の近藤真彦さんが、
19日に鹿児島市民文化ホールでツアー前半戦の最終公演を行いました。

この日がマッチこと近藤さんの46回目の誕生日ともなった
記念すべき日のステージで“ジャニーズ事務所の長男”として、
KAT−TUNを正式に脱退することになった赤西仁(26)さんに、
「やるだけやってこり!」とエールを送ったそうです。

参考です⇒気になる〜.net

びっくりしました。
posted by kota at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

上海のショッピングセンターはすいてる!?

無人のショッピングセンターでしょうか?

実際にお客さんが来ないショッピングセンターでは意味がありません。
地元の住民のニーズにかなった規模のお店なら
もっと違った結果が出たでしょうが、
今の上海市民にはブランド品や高級品は必要ないというわけです。

それにしても上海のショッピングセンターは閑古鳥がいつも泣いている状態だそうで、
現地の住民の間では「幽霊ショッピングセンター」と呼ばれているそうです。

ジャニーズ大好きですが、日本のショップは遠い。

上海に在住している外国人マーケティング・コンサルタントが言うには、
「ショップにはブランド品があふれているが、旧ソ連時代の発電所と同じように、
実需に基づいたものではなく、面子によるものだ。」と言い、
さらに「政府高官がショッピングセンターの建設によって、
自分の街を国際舞台に顕示する狙いだ」と分析しているようです。

中国最大の商業都市である上海に次々と建設されるショッピングセンターについて、
2010年6月26日付けで英紙ガーディアンが
「中国、次の消費超大国?」と題した記事を掲載しました。

それによると上海に建てられるショッピングセンターは、
真の消費者ニーズに基づくものではなく、
政府高官の見栄によるものが大部分で実需が伴っていないと報じているそうです。

電子タバコだったとしたらいいのにね。

金融危機などによる影響でアメリカの経済は低迷しているし、
ヨーロッパ各国も経済の回復の兆しが見えない中で、
世界の製造業界と飲食チェーン店は中国人の“食欲”に着目、
それをいかに経済成長に生かしていくかに躍起になっているそうです。

上海に乱立するショッピングセンターはガラガラ、建設は政府の面子のため?―英紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100704-00000003-rcdc-cn

お店にロールバーパッドはなかなかうってません。

お金のむだ使いですね。
posted by kota at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。