2009年06月29日

いまだに解らない死亡の原因

フィンガー5が懐かしい。

マイケル・ジャクソンさんレーシック失敗が亡くなって数日経ちましたが、
その衝撃は今なお色んなところで広がっているようです。

マイケルさんが亡くなってしまったことは非常にショックでした。
でも何となく病弱な感じがして、驚いたけれど「とうとう逝ってしまった」
という感じも受けたのは事実です。

それと同時にロンドンFX情報商材ならで7月13日から予定されていたコンサートは
一体どうなるんだろう?という余計な心配もしたりして・・。

私は当然ながらそのコンサートに行く予定はなかったのですが、
マイケルさんのコンサートチケットは発売と同時に売り切れてしまった
という状態に・・・。

マイケルさんの死、ロンドン経済にも打撃!未発送ツアーチケットの行方は?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000001-flix-movi



コンサートを主催した側も既に相当な損失が生まれているとか。
一人の人間が死んだら、こんなにいろんな方面に影響が出る人も
世界にそうはいないでしょうね。

映画やコンサートなどの制作には、こういった予想外出産手当金の事故による
アクシデントに備えて保険がかけられる事が通常だそうです。
今回のマイケルさんにも当然保険はかけられていたと思われますが、
死因によっては保険料が支払われない場合があるというので、
主催者側も死因は気になるところらしいです。
(自殺や薬物中毒は支払い不可になる事が多いらしいです。)


ムーンオーク練習しましたね。
posted by kota at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。