2010年11月07日

無人貨車が踏み切りを通る?こわっ!

電車って結構事故がありますよね。

なぜこんな事態が起きてしまったのかという事については、
詳しい事はハッキリしていないようですが、
車両関係者は「木製の車止めを付け忘れたまま、
貨物のブレーキを緩めてしまった」と言っていることから、
いわゆる“人災”の可能性が高くなりましたね。

どうせなら、細マッチョになりたいけどね。

1日は車が約4000台は通行するJR芸備線矢賀踏切
(幅約8メートル、長さ約40メートル)も遮断機が下りない状態のまま、
無人のコンテナ車両は通過したようです。

幸いな事にケガ人はなかったという事ですが、
遮断機が下りていないという事で普通に車両が通過していて衝突したら・・と思うと
非常に恐ろしい気持ちになりました。

本当は薬剤師求人専門のコンサルタントが語る業界の裏とは?

4日午後0時15分頃、広島市東区矢賀5のJR貨物広島車両所構内に
止めてあったコンテナ貨物の2両が、
無人のまま走り出して南西に約240メートル先にあった車止めに当って
停車していたことが分かりました。


しかし遮断機が下りていない=電車は来ない
という常識がこの事故によって覆された事になりますから、
遮断機が下りていないからと言ってもて安心して無防備に
踏切を渡るのも危険な行為なんだなと改めて思いました。

はやり踏切は一時停止して左右を確認した後に、
ゆっくりわたるというのが身を守る一番の手立てという事ですね。

参考:最新の話題を追ってみよう

無人貨車が踏切通過=遮断機下りず、240メートル動く―広島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000007-jij-soci


怖いこともあるもんです。
posted by kota at 21:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。